「そうだ、決算書を読もう」を変化球で考える。

f:id:c-0-d-7ok0:20180713064755j:plain

過去の栄光にすがり、現状維持を望み、

その結果が地方の衰退につながっている。

このままでいいわけがないから、

このままでは大事なものが消えていって

しまうから、今日も発信します!

 

今回から少し変わった視点で記事を書こう

と思います。

 

 

ファミリー企業の後継者が、後を継ごうと

考えた時に真っ先に考えるのが、

そうだ、決算書を読もう。

 

しかし、経理とか会計事務所で働いたことが

なければ「わが人生は決算書と共にある」

なんて人はそういません。

 

だから、どこを読めばいいか検討も

つかない人が大半なのです。

 

 

◆決算書ってそもそも何?

まずは退屈な”決算書の構成”から。

決算書と言えば普通は次のセットです。

はい、いきなり馴染みのない言葉が

並び出しましたね。

突然難しい言葉を使うからなー。

 

それぞれ何のためにあるのかというと

  • ストック情報
  • フロー情報
  • キャッシュ情報

これらを表すためです。

 

今度は英語が出てきましたねー。

これが拒絶反応を示す原因なんですよね。

 

誤解を恐れずに平たく言うと、

  • ある一定時点の結果の情報
  • ある一定期間の結果
  • 収入と支出の結果

これらがわかるのが決算書なんです。

 

いずれも過去の結果を示す書類です。

 

◆で、どこ見るの?まずは売上!

一応名称がわからないと先に進まないので

一旦小難しい話をしてみました。

 

さて、ここからはちょっと変わった

決算書の見方をお話しします。

 

まずはとっつきやすい損益計算書から。

 

一番上には売上高がありますよね。

これはさすがにほぼ共通です。

 

もちろん〇〇売上とか、〇〇収入

といった名前の可能性はありますけどね。

 

まぁ何にしても事業の根幹である売上高

を示すものが一番上にあります。

 

◆売上高の数字に惑わされないで

仮に売上高が「200,000,000」(単位:円)

って書いてあるとしましょう。

 

えーっと、、一、十、百、千、万…。

って声が聞こえてきそう。

 

うぉ!親父、年間2億円も稼いでたのか!

となるのは、ちょっと早い。

 

それだけではいいのか悪いのか判断が

できないから。

 

仮に前年が4億円の売上高だとすれば、

今年は半減しちゃってますよね。

 

ここ数年でゆっくり減っていってる場合

も同様です。

 

そう、売上高に関わらず

期間で比較しないと

わからない

んです。

 

売上高をはじめ、当期だけで判断

しちゃダメなんですよね。

 

もうちょっと踏み込むと、

業界で比較してみることも必要です。

 

もちろん難点は、

どうやったら同業他社の数字が

手に入るかわからないこと。

 

その意味で現実的なのは、

3〜5期分位決算書を並べること。

 

そうすればここ最近の動向は

おおよそ掴むことが可能です。

 

 

まずは、決算書の構成を頭に入れた

上で、それから着目すべき点について

見ていくようにしましょう。

 

今回は、損益計算書のトップバッター

売上高についてみてみました。

 

決算書のどこを見ればいいのか

という点でしばらく連載してみよう

と思います。

 

==================

話を聞かせてください。一緒に解決策を

見つけましょう。

タイムチケットで募集しています!

www.timeticket.jp