多くの地方出身の若者が、地元から出ていく。

その流れはこれからも加速していくかもしれない。

だけど、出ていった若者がいつでも戻って来れる地方を

作るために、今日も発信します!

 

ファミリー企業では凡そ半分位が後継者不足に悩んでいます。

後継者がいるというだけで恵まれた環境にあるので、

避けられた失敗だけはしたくないもの。

 

 

今回も事業承継の失敗パターンを見てみます。

 

◆職人気質の経営者がやりがちな独断

職人気質の経営者に多いのが、意思決定は全て自分だけで

決めてしまうこと。確かに周りに相談しても、結局

自分が決めるのだから、相談する意味はないのかも。

それで奥さんにも相談せず、1人で決めてしまうのです。

 

それは事業承継でさえ例外ではないのです。