ファミリービジネスに必要な経営革新

f:id:c-0-d-7ok0:20180709064030j:plain

長く続いてきたファミリービジネスには、時代の波

に耐えてきた実績があります。その実績をもとに経営

していくことができるのは、後継者の強みです。

 

では長く続いてきたからという理由で、これからも

そのままのビジネスモデルを続けていくべき

なのでしょうか。

実績があっても、長く続いてきたとしても、

ファミリービジネスには

経営革新が必要です。

 

ファミリービジネスでは同じビジネスモデルを

十数年続けているケースが多く見られます。

会社を取り巻く環境が変化していく中でも

生き抜いてくることができたのは、先代が苦労して

商品や組織を作ってきたからです。

 

しかし、一旦作り上げたとしてもその状況は

そう長くは続きません。

そのやり方や体制を維持しようする企業は苦しい

経営を強いられています。

 

私が仕事で携わってきた企業のほとんどが、

今までの商品、今までの顧客を軸に経営改善

を行おうとしていました。苦しい経営なので、

できるだけ資金を必要としない方法を探します。

 

その後改善計画を練る中で、できるだけ取引先を

変えず、できるだけ社員の同意を得られるようにし、

できるだけ販売方法を変えず、ありきたりなコスト

削減へという風にどんどん保守的になっていきます。

 

結局、つまるところ苦労したくないのです。

だから変わらないようにするのです。

外から見ていると変わらないことを選んでいるのに、

変わろうとするという矛盾が生まれます。

 

しかし、変わらなくていい理由はありません。

その場に留まろうとすればするほど、必ず苦しい

状況に追い込まれていきます。

 

だから、

ファミリービジネスには

経営革新が必要です。

変わろうとしなければ変わりづらい

ファミリービジネスこそ、変わるべきなのです。

 

==================

話を聞かせてください。一緒に解決策を

見つけましょう。

タイムチケットで募集しています!

www.timeticket.jp