私が後継者にフォーカスする理由〜その1

f:id:c-0-d-7ok0:20180624145006j:plain

私はこれから後継者にフォーカスして

事業を展開していきたいと考えています。

なぜ、後継者かというと理由は3つあります。

 

  1. 先代が大切にしてきた思いを繋ぐ為
  2. 日本の今後を握るのは後継者だと考える為
  3. 日本そのものを繋ぐ為

 

後継者不足と叫ばれる昨今において、後継者が

いる組織は問題が解決しているかのように見えます。

しかし実際は後継者がいても、スムーズにバトンを

引き継ぐことができるかは別問題です。

このバトンを渡していくことを微力でも

共に真剣に考えていきたいと思っています。

 

私が後継者にフォーカスする理由を順に見ていきます。

 

1.先代が大切にして

  きた思いを繋ぐ為

 

先代は様々な苦難を乗り越え、ここまで事業を続けて

きています。その原動力は

「お客様に笑顔になっていただきたい」

「社会に○○という価値を提供したい」

「この会社で働けてよかったと思ってもらいたい」

という思いだと私は考えています。

 

ただ利益を生む為に、ただ生活をする為に、

事業を続けている経営者はほとんどいないでしょう。

 

これだけモノに溢れ、食べることに事欠かない

日本でそれだけの理由で事業を続けていくことは

自身が苦しくなっていくだけです。

 

事業の内容は時代に合わせて変わっていっても、

先代が大切にしてきた思いは変わるものでは

ありません。しかし、どれだけ素晴らしい思いで

あってもそれを繋いでいく人がいなければ、

途切れてしまいます。

 

後継者がいて繋いでいく体制はあっても、先代が

続けてきた根本の考え方を忘れてしまえば、

いずれ時代の波に埋もれ、消えていくでしょう。

 

続いてきた事業には必ず続いてきた理由が

あります。ビジネスモデルがどれだけ優れて

いようとも、戦略がどれだけ革新的であろうとも

それを動かしていくのは人なのです。

 

そしてその人を突き動かすのは、

先代が大切にしてきた思い

であり、それをベースにした

後継者が大切にしている思い

だけなのです。

 

黒字企業が倒産していくことに警鐘を鳴らして

いる現状よりも、私はずっと続いていくべき

思いが消えていってしまう現状に危機感を

覚えています。

 

その現状をただ手をこまねいて見過ごすことが

できないと思うから、後継者にフォーカスした

事業を展開しようと思いました。

 

少し長くなってしまったので、

続きは次回。

 

==================

話を聞かせてください。一緒に解決策を

見つけましょう。

タイムチケットで募集しています!

www.timeticket.jp