後継者は右腕と役割分担すべし

f:id:c-0-d-7ok0:20180629065412j:plain

先代がワンマン経営で事業を拡大

してきたという会社を継ぐ場合、

先代の求心力も含めて

継いでいかなければならない

とプレッシャーを感じる後継者も

いるかもしれません。

 

しかし、後継者自身が先代と同様の

求心力を必ずしも身につける必要は

ありません。

なぜなら、

「後継者の右腕となる人と

 分担すればよい」

からです。

 

後継者はよく「全て自分でやらなければ

ならない」と思い込んでしまいます。

 

先代が創業者である場合、先代自身は

一から商品を作り、一から顧客を作り、

一から組織を作り、一から仕組みを作って

きています。

 

そんな先代を見てきた後継者の中には

経営する=全て自分でやる

と思ってしまっている人が多いです。

 

重要な問題は自分一人で解決しなければ。

売上を自分でとってこなければ。

社内の人の問題は自分で解決しなければ。

数字をまとめるのも自分がやらなければ。 

 

このような具合で抱え込んでしまい、

問題が山積していきます。

後継者が右往左往している間に

組織は疲弊していきます。

 

人を採用しては数ヶ月で辞めていき、

目まぐるしくすぎる日常と

いつまで経っても同じところを

グルグルと回っている現実。

 

このような事態を打開する一つの方法が、

「後継者の右腕となる

 人と分担する」

なのです。

 

歴史の成功者には右腕がいました。

よく挙げられるのが、

本田宗一郎さん(HONDA創業者)

 の右腕は、藤沢武夫さん

井深大さん(SONY創業者)

 の右腕は、盛田昭夫さん

です。

 

上記の右腕と呼ばれる方たちは、

経営者にできない役割を担ったのです。

 

これと同じように、後継者も

「右腕となる人と

 役割分担をし、

 後継者にしかできない

 役割に集中するべき」

なのです。

 

では、どういった人を右腕とするべき

でしょうか。

続きは次回。

 

==================

話を聞かせてください。一緒に解決策を

見つけましょう。

タイムチケットで募集しています!

www.timeticket.jp