後継者が身につけるべき税金の考え方

f:id:c-0-d-7ok0:20180625060324j:plain

税金=払うなら少ないほどいい

というイメージをお持ちの後継者は

多いと思います。

 

しかし、後継者に考えて欲しいのは

「ただ単に税金を少なく

 するだけではダメ」

ということです。

 

顧問税理士との決算月での報告の場で

支払う税金の報告を受けると

「もっと少なくならないのか」

という話になることがよくあります。

 

ここで後継者(経営者)がよく

思いつく対策として、

「購入しようと考えていたモノを

 この際だから多めに入れよう」

というものです。

 

例えば決算月に以下の報告が

あったとします。

・当期の見込純利益は1,000万円
・支払う法人税は1,000万円×30%

 =300万円

 

ここで税金を抑えることを主目的に

・税務上経費になる備品を300万円買う

という対策をとりました。

 

これにより、純利益が圧縮され

1,000万円−300万円=700万円

 になりました。支払う税金も

700万円×30%=210万円になります。

 

ここでほとんどの後継者は

「税金が減ってよかった」

と思います。

 

これは経営の観点からいうと

間違いです。

出ていくキャッシュの面で上記の

例を見て見ます。

 

①何も対策をしない

 純利益1,000万円×30%=300万円

②備品を300万円購入する

 純利益700万円×30%=210万円

 備品購入300万円

 

キャッシュアウトで見てみると

①より②の方が210万円も多いのです。

税金を安くしようとした結果、

キャッシュが余計に出て行くことに

なります。

 

単純な例ですが、この考えに本当に

陥りやすいのです。

 

 目の前の支払う税金にばかり目が

いってしまい、結果キャッシュが減る。

これでは本末転倒ですよね。

 

だから後継者は

「ただ単に税金を少なく

 するだけではダメ」

と考えるべきで、

キャッシュを手許に残す為に

 「税金を払う必要がある」

という考えを見につけるべきなのです。

 

==================

話を聞かせてください。一緒に解決策を

見つけましょう。

タイムチケットで募集しています!

【後継ぎ】周りに言えない悩み見える化しましょう | タイムチケット