後継者が銀行を味方につける方法

f:id:c-0-d-7ok0:20180705065456j:plain

後継者が会社運営の中心になると

避けて通れなくなるのが、

銀行との会話です。

 

特に

「当期の業績着地予想と

 中期的な計画」

の会話は必須です。

これによって銀行を味方に

つけることができます。

 

 

たまに銀行担当者が顔を出して、

世間話などするくらいならいい

のですが、数ヶ月に一度は

「試算表をください」

と言ってきます。

 

そして試算表を見て銀行担当者は

「今期の着地はどのくらい

 を見てますか」と言います。

 

ここで面食らう後継者も多いですが、

まずはこれを伝えることができなければ

銀行とのいい取引関係を築くことが

できません。

 

「今期の着地と言われても…小難しい

 数字の話は、顧問税理士に頼もう」

となる後継者も多いことでしょう。

 

しかし、顧問税理士に任せきりでは

今期の着地もろくに作ることは

できません。

 

なぜなら、顧問税理士が作成する

着地予想及び中期計画は現状の延長

の数字を並べることしかできない

からです。

 

着地予想にも中期計画にも必要な

ことは後継者の意思です。

後継者の「こうしたい」という

熱意を展開し、現実的で実現可能

な目線で数字と比較し、目標

としての数字へと変えていく。

 

このプロセスを経てようやく

銀行に説明ができるように

なるのです。

 

ここをすっ飛ばして会話しようと

する後継者(経営者)は多いです。

しかし、これを他人任せにするという

ことは、

経営そのものを

他人任せにする 

こととイコールと考えましょう。

 

他人任せにするのではなく、

自らの意思で業績を積み上げていく。

この姿勢を示すのが

「当期の業績着地予想と

 中期的な計画」

であり、これを自ら語ることで

銀行を味方につけることができます。

 

==================

話を聞かせてください。一緒に解決策を

見つけましょう。

タイムチケットで募集しています!

【後継ぎ】周りに言えない悩み見える化しましょう | タイムチケット